topimage

2017-04

BOUSOU - 2017.03.27 Mon


窓にキャットベッド


斬新~♪妹が有名ブロガーさんのとこで見たよって教えてくれて即ぽち。
大きな吸盤でしっかりついて10キロまでOKとのことだが、意外と奥行き狭かった。
これから暖かくなったらもう少し入ってくれるかも。ついでにマカロンも1個追加購入。

+++++++++++++++++++++++++++

まだまだ先だと思っていたのに、この週末は家族旅行2018であった!
今年は甥っ子の入学式があるので、いつもより1ヶ月前倒し。
去年はお義父さんのことがあってオットと私だけ直前キャンセルしたから、
行事化してから2度目の参加。今回はー鴨川でした。
シーワールドなんて何年ぶりだったかな。たぶん最後に来た時から20年以上たっている。(驚)

シーワールドといえばぁ?アメリカのサンディエゴ水族館が本当オススメで、
何度かの渡米で妹達もオットも行ったことがあるの。
でも何と言っても子供達、新しく増えた家族は初なわけだし、ここは日本で唯一キラーホエール。
またの名をオルカそしてまたの名をシャチがいるとこであるからして。
「えー¬¬シャチって英語じゃないのぉ?」という妹達はおいておき、しかも私はシャチの写真ぜろっていう。
もう家族内カメラが多すぎて、自分で撮るのはあきらめて肉眼で純粋に2回ほど楽しんだのだ。

東京から電車でゆっくり飲み旅。駅弁もビールも最高!
待ち合わせ場所からすかさず甥っ子と手をつなぐ。ずるーいと妹2も片手取ってぶんぶん歩く。
隙あらば、膝に座りなよーんと迫る。完全にオバセクハラ爆裂。
これもあと数年のコトだし、今のうち今のうち。

春休みのこの時期、海の近くで~シーワルド堪能の予定だったが、
何せ天気が悪かったのが残念。風は冷たいし翌日は雨。
うちの旅行は、母とオットの最強コンビで悪天候ってほぼないからさ、あれ?そういえば?
「ごめんオレたちかも。オレ風男。」と義弟。
どうやら、義弟プラスちびっこ3人パワーでうちの晴れ雨バランスが崩れるらしい。笑える。
さらにこの!異常気象だったし。
それでも久々のシャチのショーも温泉も十分楽しめました!
翌日も、朝バイキングで腹いっぱいなはずなのに、寄り道して回転すしまで食べてきた!の巻。
うまいよ!さすが海!旅行はいいなーたのしーなー。

久しぶりの水族館でリフレッシュされたし、子供パワーでだーいぶ癒された。
特に甥っ子のはしゃぎぶりは面白く、相変わらずオットにまとわりついていたし。
生物ってみんな美しいよな。イルカと目があうだけで心のヘドロが出ていくようだわ。
シャチやイルカのショーは感涙ものだわ。次に生まれるならやっぱり猫かイルカ。

ところで夕方帰宅時の、雪でも降るのか!天気に震えたわい。
今年は早めに桜楽しんでると思っていた。なにこれ。寒い寒すぎる・・・・。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村


北海道2016(小樽~支笏湖) - 2016.10.20 Thu



朝目覚めるとそこは海~ゆっくりめに朝食を食べてチェックアウト。
本日快晴なり。



小樽運河へ~




端から端へお店をぶらぶらお土産買ったり、買い食いして時間めいいっぱい楽しんだ。
少しずつ他のツアー客と時間ずれていい感じ。

最後はルタオの聖地でケーキを食す。お茶タイムでのんびり。
延々遊び倒して食い倒した感。楽しかったねぇ~美味しかったねぇ~と何度も口にする。
お天気も全日秋晴れとはいかなかったけれど、晴れ女・晴れ男パワーで、
車を降りると雨は止んでいるというラッキー。降ってもパラパラ程度だったしね。
親孝行したいときに親はなしと言うし、今回は一緒に来られて良かったわ。
毎年恒例の家族旅行に加えてこちらも恒例でいいな。( ´∀`)/
オットにも感謝だし、今度はお義母さんとも旅行へ行こうと思う。



小樽から夕方の便の両親を新千歳空港まで送って、我々は残り時間を過ごすことに。
ちょうど夕暮れどきゆえ、近場の支笏湖へ。




なんと美しい・・・(・∀・ )ベンチに座ってぼけぇ・・と陽が落ちるまで居た。


そして空港へIN。ささ!最後の〆ラーメンですっ!両親も食べて帰ったようです。
うちは旭川ラーメンで!
買うつもりなかったのにお土産もたっぷり買いあさり、おととし仕事でPCを広げていたカフェで
今回はの~んびり旅行を振り返り、写真整理して夜の便で北海道を後にしたのでした。
また来るぞ!



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村


北海道2016(富良野#2~小樽) - 2016.10.19 Wed



富良野の有名ごはんというと、唯我独尊のオムカレーはTVで見たことあるけれど、
朝あれだけ食べてまたお腹空かずなので、ランチ抜きでチーズ工房へ。



きれいな敷地で紅葉が見事。ちょっと札幌の北大のような雰囲気。
建物もきれいでこの素敵窓に紅葉が映える。
美味しいチーズを見つけたんだけれど、冷蔵で持ち歩けないのであきらめる母。
(通販あるよ。と、あとで楽天で見たら送料高くて驚いた。)

そしてお次は~オットのリクエスト。
これも同じく倉本さん脚本なんだが、寺尾 聰がコーヒー店のマスターしている「優しい時間」
ドラマに出てくるコーヒー店!---森の時計。
ドラマのストーリーがどうこうではなく、毎回マスターが手動ミルで入れるコーヒーが、
美味しそうだったの。
ちょうどスタバがメジャーになった頃でもあり、我が家の生活にコーヒーがやってきたのもこの頃。
最初の頃は1杯ずつ入れて、ミルクもミルクフォーマーで泡立てていたわね。懐かしい。
今はマシンで落としてブラックがぶ飲み。

で、どこなんだろうねぇ~とナビで着くと、富良野プリンスの敷地向かいでした。
しかも観光地のひとつであるニングルテラスも目の前だった。(ここも倉本さん絡み:
15店舗ほどのクラフトのお店がある。)まずは森の時計目指して、森の中へぐんぐん吸い込まれていくオット。



下りきったところに、お店が。そうそう。こんな感じだった。(ドラマではほぼ雪景色であやふや)
シーズンオフっていいわ~空いてる~♪
カウンター席だと自分でごりごりした豆でコーヒー入れてくれるんだって。
豆ごりごり好きなオットは残念。自宅にミル買ってもいいけど贅沢な感じ。
朝の1杯を手動で豆挽くプロジェクトは要検討¬¬





実に雰囲気あるお店でした。窓の外が雪景色でも素敵だろうねぇ。
ケーキも1個頼んでまったり休憩。コーヒーは抜群にうまかった。

その後ニングルテラスに戻り各店舗をぶらぶら。(雪子おばさんが富良野に戻ってきて働いている
設定のキャンドル屋でカラマツのキャンドルを買う。いいにおいだ・・・)
全店舗見切れなかったけれど、ライトアップと建物が何ともよかったよ。
ここは1箇所にホテル+ショッピングスポットってことでガイコクジン多かった。・・・なるほどね。




雨が小降りってきたところで、本日の宿泊地小樽へしゅっぱーつ!
移動中雨もひととき激しくなりつつ、2時間ほど。
私達があまりまんべんなく海鮮が食べられない体質なのでここは回転で!と、和楽にしました。

「うま・・うまーーっ!」オット北海道での初海水ウニに感動ひとしお。
ほたてはぷりぷり。中トロは絶品。男軍はイカや貝を楽しみ~これまた4人でがっついたな。
両親もかなり食べるわよ。4人で50皿以上は食べたであろう。大満足~げふ。



宿は、ホテルノイシュロス。海の目の前です。
朝登山から始まり寿司で〆るという・・・山から海へと濃い1日でありました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

北海道2016(富良野#1) - 2016.10.19 Wed




富良野へ。旭岳は完全に冬景色だったけれど、地上はまだ紅葉も。


あーもう山が遠くに。



さて我ら昭和家族。富良野といえば、「北の国から」です。思い出しただけで泣けてくるシーンが
今もたくさんあるくらい、いいドラマですた。スペシャルになってからもそうだけれど、
テレビドラマだった時のもCSで全部見ていると思う。
ああいうドラマはもうできないんだろうな。
ドラマで使用された家々が展示されている箇所を3箇所順番に車でまわります。
資料やお手紙や展示物もいっぱい。家の中もそのままな雰囲気で残っている。
この際一箇所に集めてテーマパークにしたらいいのに。と思ったけれど、
もう今の若い世代はもうわからないだろうねーー。そして五郎さんのような親はもう居ない。
あんな風な子育ては現代にもう通じない。
たくさんの大人が子供にさまざまな影響を与える・・でもなんと厳しく温かい世界であったことよ。


(五郎の家)スペシャル版でおなじみ。最後に石で建てた家。


(最初の家)最初に東京から富良野に来て住むボロ屋。純くん可愛かったよね。


純くんが中学生の時、風力発電をプレゼントした家。
あと火事で燃やしてしまった木の家、雪子おばさんのために建てた廃材だけで建てた家なども。そこはちょっとジブリっぽい世界だった。

個人的に、純くんと同世代なのでこのくらいの初恋から上京あたりのストーリーが
やばかったな。今見たら完全に親世代の気持ちとかに共感するだろうけれど。
1987年、右下の純くんが東京へ出ていくシーンは、見ながら思い出してうるうるきちゃう程いいシーンだった。
「泥のついた1万円札」わかる人にはわかる。うぉーん(T T)



資料を見たり家を見てたっぷりまわりながら、あの時、あーだったのよ。こーだったのよ。と、
延々ストーリーを語り合いながら歩く我々親子。
ところでオットは北の国からを知りません。ありえないんだけどっ!(笑)
オットの知る北の国からは、五郎さんの口マネとか、とんねるずのモノマネだったりで、
1度シュウちゃんの回を一緒に見たと思うんだが、「ただただ暗いんだが・・・?」とつぶやいた程、
あの世界観はわからないみたいで深みゼロです ┐(´∀`)┌;
でも付き合ってくれてありがとう。おかげでわれわれ大満足~♪

最後は五郎さんの遺書。「金なんか望むな。幸せ(ニンベンの幸せ)だけを見ろ。」
・・・ぐっときました。
私は汚れたわけで・・・金を望んできた結果であり・・金が大好きなわけで・・・
あ~良かったねぇ~やっぱりドラマ全巻買っちゃおうかしら?と、きゃいきゃい言いながら、
北の国からを後にしたのでした。

さて、富良野観光はまだまだつづく・・・

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村


北海道2016(旭岳) - 2016.10.19 Wed



「神々の遊ぶ庭」

旭岳周辺です。
夜ホテルへチェックインしたので、真っ暗で外の様子がまるでわからなかったのだけれど、
朝カーテンを開けると、窓から旭岳が見えました。
まずは朝ごはん。ラビスタのビュッフェは函館でお墨つきゆえ朝から再びがっつく。

ベーコンとチーズを焼いてパンに挟む。やっぱり野菜がうめぇな。小麦、バター県だからパンも間違いないし。
お約束のプリンとデザートも満喫。食べ過ぎた。
もちろんラビスタの売りである海鮮丼も作るよ。くすくす。サーモンいくら。
内陸だからか、牛フレークもあったりして。



食後は、旭岳へ徒歩10分。雨は降っていないものの曇りでひんやりなのでPKまで車でぴゅん。
ロープウェイで展望台へ行き登ってみます。風も少し強めで少し登ったところで雨。下は雪。
一部凍って滑りやすい。父とオットはここで早々にアウト。ロープウエイ乗り場に戻ることに。(笑)
「おたっしゃで~」貪欲な母と私は1時間程度の散歩コースを一周まわりますよ。
上へ行けば行くほど、凍っているところはなく歩きやすい。
雄大な雪景色と遠くの山と絶景。
ロープをつかみ雪道を踏みしめていくと風はやみ、なんだかイケる。母とハイテンションで先へ進む。
旭岳をそのまま映す「姿見の池」がメインポイントだけれど、(当然すべて凍ってる)
夫婦池とか鏡池などいくつかの池を経て姿見の池で反対から下る。ぐるっと1周。






でもね、お気づきか?登っている最中も彼方の空が明るくなってきていたが、
姿見のポイントに来た時には、空が割れた!晴れ女の母!モーセ降臨!青空でたー!?
本当に眺めが最高!でした。「日本のスイスだな。」
春夏はこのコースは緑にあふれ花を楽しんで姿見の池に映った旭岳を眺め、素敵な場所なんだね。
帰りはずるずる半分滑っておりて楽しんだり。母も「楽しかったー!」を連発!

おまけ
温泉が通っていると思われる地面があたたかい箇所に溶けた小さい水溜り。青空映してちび姿見。


コーヒー飲んで待っててくれた父とオットと、またロープウェイに乗ってホテルへ戻る。
オットは即効お風呂に入り体を温めレイトチェックアウト。
まだ1日は始まったところだよ。2日目は富良野へGO!つづく・・・

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

もも

Author:もも
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ひびのこと (608)
おうちごはん (80)
ねこ通信 (43)
たびー国内 (23)
たびー海外 (35)

かうんたー

いらっしゃいませ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR