topimage

2017-05

最終日 - 2016.08.14 Sun


お部屋は最上階ですた


1元=14円くらいです。リニアで40元、タクシー初乗り14元、地下鉄1区間3元。
ネスレ500mlウォーター3元、ショウロンポウ6元。Bonのスフレパンが18元、エッグタルト6個入り50元くらい。
つまり何をするにも買うにも、ちょっとしたお金持ち気分が味わえるという特典はありますな。
ここ2年ほどの欧州の後だけに実に金がかからない旅行だった。
ま、仕事で来る時期は選べなかったけれど、3時間もかからず到着するし買い物するところもモリモリ
あるし、女性が好むカフェ街やヨウモノ街もあるし、マッサージも安いし女旅に合っているような気がするわ。

この写真見ると、オットも食は十分楽しんだ模様。


なにぶん自分は洋服とかブランドとか全く興味がないもんで、買い物に夢中になれないんだが。
最終日は何となくお土産買いに行く予定で午前中暑い中から活動開始。
「南京東路」へ

意外と服飾や宝飾のデパートや外資ブランドばかりで、食品第一デパートも雑然としていて
何を買ったらいいやら状態。そそられない・・。
とりあえずお菓子はいいや~とあきらめて、定番のお茶を探すも案外なくって右往左往。
フライトまであまり時間がなかったので、今回はおしゃれなカフェ街、田子坊や新天地・フランス租界あたりは
あきらめちゃってたけれど、さっさと地下鉄乗って移動しちゃってもよかったかも。
時間とともに体力ゲージは下がるし、この暑さでは熱々ショウロンポウも食べる気も起こらず、
無計画に動き回ってしまった。


結局大通り歩ききっちゃってあまり収穫できず、外灘へ戻ることに。
もう熱中症寸前だよね(笑)気合で乗り切れる暑さではなかった。
川沿いに戻ってきて、アナベルリーの店内で一気にぎゅん!と冷やされて土産大量購入。
アナベル看板猫ちゃんにドアをふさがれた(笑)


ホテル戻ってカフェでぶへーーーーっと休んで空港へ向かったのでした。
最後2日で2万歩以上歩いていた。
ウェスティンのコンシェルジュは手際よく、預けた荷物もさっと出してきてタクシーに指示。
どっちの空港で、ターミナルはいくつで、エアはどこで。英語も完璧。可愛い笑顔もあり!(←これ大事よね?)
いつもギリギリまで観光しているので、空港ってゆっくり見られないんだけど、
今回はカフェでゆっくりお茶してお土産やさんも覗いて余裕かましてゲートに行ったら、「ゲートチェンジ」
再びすんごく歩かされてバスに乗って地上から乗ることに。
あー帰りの便って絶対何かあるよな。これでどっと疲れんのよ。もう全身しっとりべっとり。

にしても?地上から階段で乗るとさー、振り返って手振りたくならない?ファーストレディか!とか
バカな会話しながらもう体力も頭も完全に沸いて・・・。
定刻1時間くらいは遅れたはずなのに、30分くらい遅れで成田着。
空って速度制限ないの?「空も安定しますのででき得る限りのスピードをあげて」的な事を機長が確かに言ったわよ。
たまにすんげー飛ばして帰ることあるよね~空の交通整備って不思議。
なんで渋滞しないのか・・・傍をすれ違うこともできないのに・・・毎日どれだけの飛行機が空を飛んでいるのだ。

成田から横浜までバスで夜中に自宅に到着。猫達もシッターさんの報告通り元気。
長い旅行から帰ると本当に歓迎ムードでまとわりついてくれるのよ。
全身で喜びを表現しているし顔が笑うのよ。すごくわかるの。もうたまらんよね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

観光は - 2016.08.14 Sun


外灘へ移動。浦東を臨む


木曜朝、ヒルトンをチェックアウトして私は会社へ。オットは12時までレイト滞在してから、
対岸のホテルへ荷物と移動し先にアーリーチェックインしてもらっていた。
最終日は私のタスクもなく15時半に仕事終了予定だったし、俄然「遊ぶモード」
なのに、「カクテルでも飲みながら反省会」のお呼びがかかり、心の中で思い切り舌打ち。

結局、今朝まで居たホテルへ戻ってアメリカ勢と雑談。私はこの後遊びたいしレモネード。
( ゚Д゚)それにしても、よくしゃべるよね。
アジア勢女子3人はこの数日でぐったりなのに、おばさんエグゼクティブ延々話すの巻。
あくまで個人的な印象だけど(社内比)私の知っている西海岸のエグゼクティブおばさんは皆、
通常の5倍増しくらい話すイメージ。脱線するし酒飲んでさらに饒舌になったらもう止まらない。
歴代会った人全員そうなんだけど・・なんで?逆にエライおじさんたちは割と静かめ。
いや、口を挟む隙がないという感じか?(笑)結局16時半から飲み始め18時くらいに解散。
グラとドンにお別れしてタクシーでやっと対岸へ!

オットとホテルで合流し、ひとやすみしてから少々観光へ。陽が落ちてもまだまだ暑いよ。
豫園は夜の方がライトアップしてるし良かったけれど、これがもうちょっとしたディズニー並みの人々。
あー人が多い人が多い。うぎゃーー!しかもなんか修復中じゃない?ま、外見で十分。

むせかえる
空気の中、賑やかな夜店をぶらぶらしてフードコートみたいな場所もあったけれど、
特に食欲わかず、みんなどんなもの食べてんの?とひやかして川沿いへ戻る。
どんどん人が増えてくるー花火大会でもあります?

橋の上もとにかく人・人・人。あれ?今日まだ平日だよね?
もう絶対数の違いプラス観光客ってことだ。

左側は外灘。いい写真があまりないんだけど夜景は本当にきれいだった。
最近歩くのは全くわけないけれど、さすがに暑さで集中力が途切れてきちゃう。
写真もどうでもよくなっちゃって結構ブレてるのばっか(笑)
年よね。ワタクシやっぱり暑いより寒いほうが得意かも。



このパイナップルみたいなルーフのところがホテル。ウェスティン外灘センター。
ヒルトンより格段いろいろステキ増しの英語増し!


ホテルに戻ってバーで宣言通りカクテル飲んでやったわ。仕事も終わって格別♪
べらべらオットとここ数日のキャッチアップして夜もぐっすり。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村


仕事は・・ - 2016.08.13 Sat


この建物見ていたら、あー高ければ高いほどいいっていう価値観ってこういうところから来るのかしら。
と、ふと思ったわけです。
このブログにも出てくるたとえばオットの同僚の中国人は限りなく上位数%のエリートです。
彼は先日日本でタワーマンションの高層階を購入しました。日本は地震あるからね!と念押ししたのに(笑)

上海のコトもよく知らないけれど、この国の大半の人は、このビルのような風景とは無縁よね。
このホテルの近くにも住宅地や工場地があって、おじさんが半裸で家の外出て涼んでたり、わんこが
そのへんウロウロしていたり、超ローカルな道端や区域があってアンバランスさを醸し出してた。
このダブルツリーヒルトンの周りはいまだ工事中だし、全体的にスカスカしているイメージ。
浦東は川沿いはTV塔や森ビルが建っていて華やかだけれど、中心街を下るとローカルな風景。

で、とにかくどこの高層階からも下を眺めると、また日本とは違った不思議な風景が見られて
なかなか興味深かったわけで・・・。13億人の数%に入るのはそれは並大抵のコトではなかろう。
景気がいいのも一部の富裕層で、あの地べたからここまで来るのは、ほぼほぼ無理っていう状態がリアルだろう。
TVとかで見るあの異常なまでの勉強・受験地獄とかを思うに、人生逆転がしんどそうな国である。

++++++++++++++++++++

これは川沿いの浦東観光地区。101階建ての森ビルも!

今回、新しく買った会社の営業へのトレーニングとして行きました。総勢40名近い中国人と
日本から5人。(もう既にこの規模の差もウケる!)
そしてアメリカ勢と私とチームメイトフロム北京&シンガポール。
チームの女同士はすぐに仲良くなって4日間先生やったり楽しく過ごした。
無駄に社歴が長いのでガポールにも知り合いがいっぱいいるし、共通の話題にコト欠かず。
北京のグラは、買われた会社からの雇用でひとりドキドキだったようだけれど、とてもいい子だった。

グラは毎回ウーバでタクシー呼んでくれて、行き先をちゃんと伝えてくれたり、
中国語の質問を訳してくれたりした。ガポールのドンも中国出身なので中国語okで。
なんだかまるで私が中国語トレーニングに行ったようだった。3人で話す時は英語オンリー。

うちの会社は本社がアメリカなので公用語は英語。たとえ中国の子でも英語はマストです。
だけど今回新しく買った会社は英語はマストではなかったので通訳が入りつつ進行する始末。
ま、とにかく私の優しい英語でもお手上げですよ。
でも画面を指差ししながら、やるべきことをマンツーで教えてあげたりすると言葉が通じなくても
わかるよね。そんな感じでのろのろ進行。

まーそれにしても、いちいち進行を止めて、うそやん?ってくらい質問攻めの会話攻め。
決めた時間内では当然終わらず、トレーニング?基本黙って聞いて受けて帰ります。
わからなければ後ほどお聞きしますね。という日本人とは大違い。その場でわからなければ
積極的に聞き、自分が納得するまで私を離さない姿勢もこれまた・・・すげぇな。というただその一言。
悪いことじゃないけどね。時間・・気になるね。私日本人だしさ。(笑)進行ってあるじゃん?

++++++++++++++++++++++++++++++
うちのアメリカの本社も、映画にあるような買収大好き方式です。
長い間、自分もそうだったけれど買われては解体されていく会社をずっと見てきた。
おそらくこの会社もこの時点でかなり人が切られて40人くらい参加。中国国内に無数にあった支社を7つに縮小。
そしてこの残った40人も1年後には半分以下になるはずです。ITの人は生き残る術はあるけれど、
この営業の人たちはどこへ行ってしまうんだろうか。

最終日、カクテルでも飲みながら反省会をアメリカ勢としていたけれど、そんな話題もあって、
複雑な思いもよぎったわ。
本社陣はいつだって悠々自適だし、中国のマーケットやその会社製品の金を生む力を見ているだけで、
人には注目していないし。非情で非常な合理主義がここにあり。
それにこちとらアジアだし立場は常に弱めだし。彼らは常に自分達がNo1だし。

やっぱり同じ経験をしているから、今回の買収もどうも他人事に思えないというか。
定期的にくるリストラや、仲間が居なくなるストレスってのは結構しんどいし地味にくる。
映画にあるように、明日から来なくていいよって箱ひとつ持って会社を去るあの国とは違うっていうかね。
でもグローバル化とはそういう風に侵食してくるのです。

ま、ビジネスは下々の私が考えることではないので、とりあえず日々末端の仕事をして、
社内国際交流だけをいつも楽しむことにしております。またお友達が増えたよ(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

食事は - 2016.08.13 Sat



今回は、到着した月曜の夜から木曜の夜までぎっちり仕事だったのでオットは放置プレイ。
相変わらず自由に出歩いておった。汗だくで。
なので頼んでおいた早安巴黎(Bon Matin Paris)のパンとかリリアンベーカリーのエッグタルトは
ホテルに帰るとオットがお土産に買ってきてくれていてありつけた。
おいしい♪あとオットは小楊生煎のショウロンポウが人生で一番美味しかったそうだ。
私にも買ってきてくれたけれど、予定より帰りが遅くなって皮が汁吸っちゃって餃子みたいに。
でもホントに美味しかった。中華街の焼きショウロンポウとはまたちょっと違う。
でもこれ・・出来立て食べたいわね。

ま、とにかく暑い外寒い室内で食欲があまり出なくて残念だった~
むしろ激辛いものとか欲したんだけど上海にはないし。焼きそばは定番だけれど汁麺は日本の勝ち。
ちなみに水はネスレやエビアンを毎日調達。この暑さだし屋台系や地元過ぎる店を除けば
問題ないけれど、サラダとかフルーツは滞在中の外資ホテルでもケータリングでも何となく遠慮して通した。
もったいなかったかな。
意外とパンとか洋菓子が美味しいのよ。やっぱり英国・フランス租界のせいかやたら美味しいのに出会う。
うん。ケータリングもおやつばっかり食べてたな。

パターンが違う暑さで体中うだるところに冷たい飲み物を飲むからなのか・・氷があかんのか・・
時々お腹がきゅぅーってなってびびるんだけれど、特に何も問題はなかった。
どっちかっていうと外は暑いが室内のクーラーが効き過ぎで、それらを交互に浴びたせいで
少々しんどかった。足冷えるー。
基本漢方の国なので、お水っていうと「お湯」が出てくるし、水は基本常温よ。
常温のペットボトルでも私は問題ないけれど、やっぱり冷たいやつ!って時はコンビニの外資水でしのぐ。あとオットは唯一のコーラ。
スタバのコーヒーはもっぱらうまくない。(笑)


ヒルトンのルームサービスは美味しかった。オットが酢豚で私はあえての欧米バーガー!
オットは朝はビュッフェで色々食べていたらしい。
私は会社に行けば、ケータリングがあるので付き合ってコーヒーだけ。
ビュッフェは欧米式プラス中華って感じで、日本でもよくみるラインアップ。
和洋折衷、中洋折衷。どこでも同じ。
で、こんな静かできれいなホテルから1歩出たらたちまちカオース!ってのがまた面白い。

+++++++++++++++++++++++++++++
そして夕食。
中華おなじみ円卓。ものすごいたくさんの品数が次から次へと出てきて、みんな勝手に座って
勝手にガツガツ食べ始めて、食い散らかして持ち込みの酒をまるで学生のような
チェーン注ぎですんごい飲んで、誰か歌いだしたばこバカスカ吸って大騒ぎ。
我ら買った側のアメリカ本社勢にすら、交互に酒を強引に薦める。いやいやいや・・・お前すげぇな。
中国式?瓶が空になるまで交互に注ぎあうってやつ?Youそれ欧米人にやっちゃう?
よってアメリカ勢と私は毎晩とっとと先に切り上げたけれど、毎晩遅くまで宴会は続いたそうです。
もうパワーでも負け。(笑)
あとね・・やっぱ声がでかい。みんな本当にでかい。(笑)
でもね、少しだけ英語が話せる人もいたしみんな普通に優しかったです。とにかくうるさい以外は。ぎゃははは
逆に日本人チームは陽炎のようでした。日本のチームは尼崎関西勢なのでそこそこ国内だとキャラ強メンツなのに。

まとまらず書いてみても、ごちゃごちゃしてるな。
でも本当そんなカオスな4日間だったのです。何となく仕事でも大舞台だったし、
まずいろんな意味でカルチャーショックを受け、たくさんの人に出会って脳みそがパンパンしてたよ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村



上海上陸 - 2016.08.13 Sat



日本が涼しく感じるっ(゚∀゚)仕事で真夏の上海へ行ってけました。

いやー大陸はいろんな意味ですごかった…(゜。゜)…
結果的に百聞は一見にしかずじゃないけれど、いつも通り観光も楽しんできたし。
っていうか、関西人でもないのに、「まじでか。うそやん。」連発で笑ってしまうという。

まず異常な湿度な暑さプラス何か都市イベント?くらいの人口密度にしばし口あく。
トップ写真にある川を挟んで向こう側が、会社がある「浦東」地区で、空港からリニア!を初体験して無事到着。
仕事中は向こうの浦東地区のヒルトンに滞在していた。

会社はもちろん問題ない。大きな公園内にビルを2棟構え快適であったし、
朝昼晩とケータリングやホテルでの夕食会があって困らなかった。見渡しても巨大なビルの谷間に
人々の生活がある。うわーすげーすげーとと感慨深く下を眺めおろす。

1:人々に当然英語は期待できないが、ヒルトンなのにスタッフ・コンシェルジュ、まじでか?レベル。
ただし普通に清潔。大丈夫ですよ。怖くないですよ。
2:タクシーはホテルマンに漢字住所を書いたカードをもらって毎回しっかり送り出してもらうのに、
なぜか毎日同じ場所につかない。毎朝出勤ひと苦労。
3:車の数もハンパねぇ!が無秩序・乱暴、人も負けずに赤信号で渡るが、逆に車も人めがけて
曲がってくる。プォープォー!クラクションラッシュ。ぎゃー!

思い出したら笑えてきた。
まずタクシーについて話そう。本当笑うしあきれたし。
地下鉄は東京と同じできれいだし安全なので出勤で使っても全然良かったのだけど、
駅まで5分ほど歩くのもきつい暑さでム~リ~と思って、毎朝ホテルからタク出勤。
まー普通に「漢名で行き先を告げる」をホテルマンがやってくれるじゃない?そこで必ず運転手と
ホテルマンでなんか言い合いが起こるわけなのよ。何言ってるかわからないわよ?
でも、「これどこ?どこの道だよ?」「だからここのあそこの」「あーよくわかんねーなー
うだうだうーだ!」って感じと推測するけど、きつい言葉だから普通の会話すらもうケンカにしか聞こえない。
どうでもいいけど、とにかくすぐに出発しないわけ。(笑)なんか言うわけ。絶対言うわけ。
最後は普通の朝の世間話よねーと思うことにしたけどな。

不思議なのは、たとえ漢名があっても、ヒルトンはヒルトンじゃない?
ひるとん。って言うじゃない?ビルにも書いてある。それと住所があれば十分でしょ?行けるよね?
なのに毎回言語問題でトラブる。
これにはアメリカ人チームも怒り心頭。世界のヒルトンよ!まぁ?アルファベットや簡単な英単語すら認識ないし、
ちょっと繁華街ではなかったってのもあるかな。
うちの会社も漢字変換されて、有名大通り・地下鉄最寄りで大きな公園内にあって、
そこそこ大きく迷いようがないわけ。なのに、入り口にたどり着くのさえひと苦労。
今日は手前、今日は少し行き過ぎ。とかそんな感じよ。
最後は負けずに英語で、「もっと先!まっすぐ!はい!ここ曲がって!ストーップ!」ってジェスチャーつけて
普段出さない大声で会社のまん前まで誘導したわね。あたち負けない。

ま、ホテルから出るタクシーはまだ全然よくて。
ある晩、夕食会場に行くために中国人同僚たちと会社前からタクシー拾って行き先告げたら、
運転手怒り出す。さて、何て言ったでしょう?「近いんだから歩いていけよ!降りろよ!」です。
同僚はもちろん中国語ができるのでそのまま乗りましたけど、なんと舌打ちして出発した運転手。
道中もしばらく文句言っている。
ありえねー。うそやーん!と心の声と興奮が止まらないのであった。

ま・・まずは驚いたクオリティの低さを書いてみたけれど、観光都市だし特に治安も危なくはないのよ。
夜も遅くまで出歩けるしね。こんなキレイな夜景もたくさん。おいしいお店もたくさんあるよ。
各場面で仕事に対するプロ意識が割とないもしくはゼロ!も見慣れる。
なんていうかアウェイで、彼らのパワフルで無秩序なサマを見て超納得しちゃったというか。
やっぱりこの国の人はいろんな意味ですごいんだし、これが「普通」なんだし、
もうそれが圧倒数いるんだから、うん・・これはやられちゃうよねぇ。っていう納得(゚∀゚)

それにオールウェイズあたりの日本でも一部こんな光景もあったかもだよなって思う。
気質はあれだけれど、お父さんがステテコで外出て怒鳴ってたばこポイ捨てして、
お母さんがシミーズで出てきて、子供がたくさんいてぎゃーぎゃーしていた時代。
生粋下町出身のオットは負けねーって言ってたけれど、屋台のフード試して撃沈してた。
くす。そうね、日本に活気があって今ほどに清潔でお行儀良くなかった頃のちょっと懐かしい光景も彷彿。

さ。ぼちぼち更新。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

もも

Author:もも
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ひびのこと (612)
おうちごはん (80)
ねこ通信 (43)
たびー国内 (23)
たびー海外 (35)

かうんたー

いらっしゃいませ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR