topimage

2013-07

クローズド - 2013.07.30 Tue


ちょこんとギズと、グングン成長中のごんべ


浮かれポンチの極楽週末の効き目もすぐにほにょほにょになるくらいに、
本当の修羅場は残り3日間なのであった。ようやく最終日で、ほーーー。

それにしても最初の勢いはどこへ?ってくらい、
カラっと晴れないね。これからかな?残暑でまたぶっ倒れそう。
私はね、都市部の夏が39度とかになったら、もうシエスタレベルだと思うんだよね。
日本人もサマータイム導入で夜の過ごし方を変えるとかさ。

ここ最近の不審行動メモ

粉ものが食べたくなって、食パンを焼いていたんだけど途中でマシンが
ぴーぴー鳴くので何かと思って開けてみたら、まだ焼けてなくって。
今思えば、ナッツとか投入するなら今やで!ピー音だったんだけど、
あれぇ?と思いつつ、生地を取り出してしまったので、そのままカットして
いくつかにぶつ切りにして適当に丸めて、2次発酵>オーブンでパンを焼いた。
コストコのディナーパンみたいなのができた♪かぶりついた。

OISIXの定期便を今週はCANCELしようと思って、忘れてしまい、
慌てて夜Bedでiphoneからアクセスしたところ、Oi地下グルメ(デパ地下もじり?)
メニューを見つけて、SoupStockのスープやら、うねやの出汁とか買ってまう。
夜中は判断能力が鈍っているので、買いものしちゃいかん(笑)
でも届くの楽しみ♪実はいまだSoupStockのスープを食べた事がないの。

++++++++++++++++++++++++++
で、今月も終わり。
結局今月は、トータル半月くらい自宅で仕事してたかも。
会社員でこれがOKというのはかなりありがたいシステム。感謝感謝。

もちろん職種にもよるけれど、
明日から自宅で仕事していいですよ~って言われても、出勤する人が圧倒多数だろうな。
もし自分だけ出勤しなかったらmiss somethingな気持ちになって落ち着かないとか、
家は仕事する場所じゃないとか、会社に行くという外出行為でメリとハリを生活につけるとか、
会社に行って、だれかとコミュニケーションをするという社会性の充とか、
都心部へ出勤することでAfterの充とか、仕事だけでなく様々な理由はあると思う。

先日美容院で、Oggiをガン読みしていたところ『フリージョ』という
フリーで働く女性特集があった。女性誌にありがちなごく一部のSpecialな女性だけどね。
フリーランスつまり自営って事だけど、メリットの上位がやっぱり「時間の融通が利く」
「家族との時間が取れる」だったのがいかにも女性だよね。
いまやアイデアさえあれば、SNSでコネクションができるので、あくせく
営業にまわらなくても仕事が取れるらしく、家庭やリア充を追及する女性ならではの
ビジネス形態だなーと。とにかく家庭を持つ働く女性の欲しいもの=時間の融通なんだね。

私もいまや自宅で仕事することも多いけれど、確かに通勤の時間が省ける事で
かなりの自由感がある。その代わり仕事帰りの都心Afterは消えた。
ぶらぶらショッピングもなく、ちょっと素敵レストランで一杯とか、
しゃれおつ(シャレオツって;)な情報から遠ざかるばかり。
でも定時きっかりで、近所で買い物したり美容院行ったりもたまにする。
何ならやりようによっては、ジムやSPAでもいいわけで。

何が悲しくて一生懸命働いているのに、電車が人身事故で止まったり、
むしむし汗くっさい電車におげぇ・・って乗っていなきゃいけないのか。
疲れた体に鞭打って、ぎゅうぎゅうの電車で?って思う日も少なくない。
私の最寄駅なんて雨の日にはタクシー乗り場が長蛇の列。疲れも倍増である。
あの通勤電車の鬱蒼・殺伐とした雰囲気。環境は劣悪。
かと言って、高い家賃やローンを組んで、通勤第一で都心部に住むのもバカらしい。
そんな金あるなら、他の事にお金使いたい。

で、選択肢があるならば・・・だ。週に何日かでいい。
男性は会社に行く事でアイデンティティを保ったりするもんだから同じ土俵にあがる
必要ないし、きーきー大変だからと、イクメンだとか家事平等分担なんて強要したら、
男はどんどんつまんなくなる。
仕事もできて家事も完璧にこなす男って、どれくらいいるのか知らんけど、
相当なナルシストだろう。雑誌に出てくるようなイクメンは、
そういう時代を先取りデキルボクにご満悦なだけでニセモノだ。
大抵は、女だけが仕事だの家事だの子育てだのわーわーしなきゃいけないなんて、
本当理不尽な状態が今ある現実である。
だから女の社会進出なんてバカらしい。と回帰現象が起きるわけだし。

でもリアルに考えると、選択肢ひとつで本当は!どうにでもなる問題なのよね。
フリージョのように自分でやれる能力のある人はそうすれば、今まで会社員時代に抱えていた
問題が解決してしまうように、
仕事できる人はどこにいてもできるし、できない人はどこにいたって仕事できない。
ただそれだけの事なのに。圧倒的選択肢の不足。それがこの国のスタイル。

会社という組織の不動な習慣を変えていくって事は無理なのかも知れない。
でもひとつの可能性とか選択肢として、あとちょっとだけ働き方を自由に選べたら、
女性もこんなに大変じゃなくて済むのにって。

あと欧米に比べて日本の女性だけが、家事を手伝ってもらう事に罪悪を感じるという。
それは私の世代でも普通にそう。働いていようが割と自分でやらなくちゃと思いがち。
でも、ふたりで稼げる状況があるなら、家政婦やシッターを雇えばいいだけの話なのである。
それに罪悪を感じるようでは、女性の本当の自由なんて一生なさそだな。
なーんて思うのである。
しかも、この手のサービスは、まだまだ高価で本当に必要な人の手には届かないしね。
なんともむにょむにょ。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 OL日記ブログ 既婚OLへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし兼業主婦へ
にほんブログ村

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

もも

Author:もも
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ひびのこと (627)
おうちごはん (80)
ねこ通信 (44)
たびー国内 (23)
たびー海外 (47)

かうんたー

いらっしゃいませ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR