topimage

2017-06

Spring has come♪--ドラマと結婚と - 2013.03.08 Fri


『うらめちや~』

腹立つほど寒かったのに、一気に春めいてきた。
もう早々とトレンチコート。冬服の整理しなきゃ。

CSのTBSチャンネルで、また「私の運命」をやっているのを
発見したんだけど、再放送あるあるというか・・。
『気づくと、同じ回ばかり何度もあたって見てしまう!ここは前も見た!』
しょっちゅう再放送してるみたいだし、次回は是非1話から録画したい。

あと、さらに昔のドラマ、『オイシーのが好き』を発見。1989年。
懐かしすぎる。hanako編集部で働くユキ(松下由樹)をとりまく
仕事と恋愛模様。設定年齢なんとハタチ。
フミヤ、井原剛志、彩姐さん、石田純一なんかが出てる、
バブル真っ盛り。働く場所はゴマンとあるのに、
あえてあくせく働かないフリーター志望のお気楽女の話。
「仕事なんてしたくないし、お茶くみでテキトーにお金もらえるし。まだまだ遊びたい!!」
会社のお金を使っての取材もなんだかお遊び兼ねて景気いいです。
今の若者が見たら殺気立つようなセリフ満載です。

突っ込みどころと感想ーーー
・みんな洒落た豪奢なマンションに住んでいる。フミヤはヨットも所有。
・男はスーツにセカンドバック。たまのカジュアルインナーはズボンにIN&肩にカーデ。
・生意気なガキで自由奔放なユキを周りの大人はあたたかく見守っている。なんならモテモテ。
・とかく男が羽振りがよくって、女を囲いたがる。結婚したら仕事やめろと普通にエラそう。
・結婚か仕事か・・なんて、まだ20代の女性たちが悩む。結婚したら家に入るとか言う。
・じとーっと、涙ぐみながら男の父性や甲斐性をくすぐるサトミ女が結局勝つ。
・女性の言葉がまだそれほど乱れていない。
・若すぎる純一がイケてる。さすがトレンディドラマ第一線俳優。
・携帯ない。デートスポットもあまりない。最先端スポットで「巨大迷路」取材。
(これ、どこにあったんだっけ?私も行ったな~。)
・食べ物屋チェーン店が乏しく、カフェもなく、バーやレストランはそれなりの外食シーン。
・あまりやる事ないので恋愛ありき。恋愛こそ日々のエンターテインメント。

時々、うわーひゃーうげぇ・・とか言いながら、なつかしく鑑賞中。
もう突っ込みもアホらしくなるくらい別の国のお話だな。

+++++++++++++++++++++++++
さて、現代に戻って、「最高の離婚」面白いなぁ。
ぐんぐんはまってる。というか、瑛太君にはまってる。
・・・なんと手足が長いのだ。(そこ?)

愛情と生活のバランスかぁ。
「価値観の相性」って非常に難しいと私は思っていて。
男と女ってだけで何万光年銀河の隔たりがあるのに、
ほとんどが一致するなんてことない!と思ってる。
個人的には、好きなものが一致していた方が楽しいとは思うけど。

そもそも、女は無意識に自分にないものを遺伝子レベルで嗅ぎ分け、
よりいろんな要素を兼ね備えた子孫を次世代へ繋ごうとするのが本筋で、
そのオスをロックオンすることを恋とか発情と言うのなら、
現実のヒト的生活に入ってみたら、どのみちどこかで大惨事なんですよ。
意味わかんねぇ。許せねぇって事が起こっても全くおかしくない。

価値観合う人を好きになれたらいいのに、大抵合わない人を好きになるもんだ。
理屈じゃない好きってそういうとこある。
でも結婚という現実において衝突や破綻へ一気に傾く時に、軌道修正できるパワーって、
結局のところ、起点の「生物レベルで好き」の部分かな~と思う。
だから、幸せになるために好きになるんじゃない。ってのはわかるのです。
女ってそもそも「好き」アリキじゃないですか。
そうじゃない人もいるだろうけど。
その好きな人と巣作りしたいと思うのは自然というか、
ま、そんな理屈じゃないDNAフェティシズムも4年が限界とか言うけどね。
なんなら子供産み落としたミッション達成の瞬間消えるって噂もあるわ。
ほほほ

結局のところ、不変なものってないからー・・愛があればなんて、
きれいごとも言うつもりないしー・・
愛だけじゃ食ってけね~ってのもリアルだろうしー・・
それゆえ苦行・・そう。他人と共に生きていくって確かに苦行です。
人生ただでさえ色々あるのに、自分と違うニンゲンと暮らすと思うようにならない事だらけ。

オットと私も、きっと一生、お互いの全てをわかりあえないで終わると思うし、
なんでそうなの?っていう部分は絶対に持ち続けると思う。
でも、お互いが選んだ人ならば、これからもなんかあったらどうにかするし、
するでしょ?するんだよね?という互いの決意という名の思い込みと騙し合いが、
この苦行の大事なポイントなんでしょうな~(ΦwΦ)けけけけ
いまだにお互い、え?そうなの?そうだっけ?え?なんで?って驚き満載ですしね。
いろんな意味で、自分と違う人間は面白いです。理解不能です。

ああ。ドラマもうじき最終回じゃないかぁ。さびしいな。

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 OL日記ブログ 既婚OLへ
にほんブログ村


関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

春の錯乱 «  | BLOG TOP |  » おうちごはん vol.25

プロフィール

もも

Author:もも
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ひびのこと (618)
おうちごはん (80)
ねこ通信 (44)
たびー国内 (23)
たびー海外 (47)

かうんたー

いらっしゃいませ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR