topimage

2017-10

ブツの正体 - 2012.02.12 Sun

年が明け、毎日3回シュッシュッ点鼻しながら、怒涛の年決算。
来月休む事が決定してるわけなので、色々やることもあり結構ハードであった。

妊娠している時に、おへその左に何か固いものがあったのは記憶している。
それが一番大きいブツで、6センチ。
筋腫には3種類あって、子宮の外側にできる漿膜下、子宮の筋層にできる筋層内、そして子宮
内側にできる粘膜下。
私はずっと今までの医者にこの一番大きい漿膜下の説明しか受けていなかった。
そして漿膜下は大きさにもよるけれど、ほぼ妊娠に影響がないものとされている。
妊娠中はホルモンの影響でさらに大きくなってしまうのだが、自然分娩でいけるし、
心配ないと言われてきた。

なのに、MRIを撮ってみたら筋層内にもあるではないか!
聞いてないっ!これは妊娠中、多少なりとも子宮の収縮(ハリ)に影響しただろうな・・と思った。
今まで受けてきたエコー検査ってそんなもんなの?って思った。
元々筋腫なんて良性腫瘍なので経過観察。ドックで私はB判定だった。となれば、改めて
医者行くより、次回のドックまで放置になってしまう。
きちんと別途医者に行けば良かったと思っても後の祭り。自分も悪いけど・・やっぱ医者嫌い。
1番しんどく危険なのは、粘膜下でこれだと当然生理もひどくなるそうだし、
子宮の内側なので赤ちゃんが育つスペースがないということになってしまう。
そもそも着床するスペースがなかったりして、不妊治療に来て初めて発覚なんて事も
あるらしい。

やっぱり婦人科はきちんと、そしてハッキリしなかったら病院を変えて何度も検査することを
おすすめする。MRI撮って下さいなんていまだかつて言われた事なかったもん。
私の場合、場所が悪くなかったばっかりに自覚症状も貧血も一切ないし。
でも私の筋層には大小いっぱいおできのように筋腫があり、通常時鶏卵サイズの子宮が
男の人の拳くらいあったのである。さいてい。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2/1-入院初日
前の日ぎりぎりで仕事を終わらせ、ほぼ徹夜で始末し、留守にする家の事などやっていたら、
朝になってしまった。オットを送り出し、午前中にそのまますっぴんで電車で(!)病院へ。
入院手続きをして、部屋についたらあとはひま。

こういう手順においては、大学病院は融通利かない。
今日は入院手続きのみ。って事である。
でも私は1月忙しかったので、しかも前の日寝てないので早速Bedでぐぅぐぅ寝るのである。
緊張とか不安は一切なかった。
ここまで来たら切るだけだし、前向きな手術であることと、万が一私に何かあっても、
心配なのはにゃんこだけなので、そこはきっちりオットに申し伝えておき、
家族もいるんだから、私がいなくなってもどうにかなるだろうと、そして
私は亡くなったあの子に会えるわけだし。と、わけわからん思考になっており。

とにかく睡眠をむさぼり、夕方売店へ行き買い物をして、買い込んだ雑誌などを見て
ゆったり過ごす。
ああ・・なんもしなくていいなんて何て幸せ。

手術と言えば、浣腸・剃毛プレイか?と思っていたら、それもない。
夕食後、下剤飲んでね。と2Lに粉を溶かし、寝るまでに飲んだのみ。
夜も耳栓してさっさと寝る。ぐーぐー寝る。

関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

いよいよ «  | BLOG TOP |  » はじめに

プロフィール

もも

Author:もも
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ひびのこと (646)
おうちごはん (80)
ねこ通信 (44)
たびー国内 (23)
たびー海外 (47)

かうんたー

いらっしゃいませ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR