topimage

2017-05

咲き誇る - 2016.04.03 Sun



アンニュイな曇り肌寒の週末。桜はぽこぽこ咲き誇る。日本だなぁ。きれいきれい。
お義父さんのお見舞いに行きがてら、途中の谷中霊園へ寄る。
ショコラティエ・イナムラショウゾウのお店の近くね。桜並木がきれいで思わず車を止めた。
桜の時期の日本へと、外国人旅行者も増えたみたいだし、谷中もいまや有名な日本の観光地。
午前中の雨があがってから、人出もわらわらと増えてきたようだ。
ささっと桜だけ見て、カメラに収め病院へ。

一応、退院の予定は来週とのこと。
まだ夕方になると熱が出るのと、数値の安定が目安であるが、むしろ退院してから
落ちた体力がどの程度回復するのかわからない。
老々介護にも限度が来るであろうし。室内での想定外の事故も心配だ。
到底バリアフリーとは言えない自宅の内装変更などいろいろ現実的な話もしてきた。

++++++++++++++++++++++++++++
お義父さんだが、
今日はお昼をしっかり食べなかったので、食前に打ったインシュリンで低血糖を起こした。
そういう時は、血糖値を急激に上げるため砂糖水やブドウ糖を緊急摂取する。
血糖値の上げ下げは、糖質の摂取量とインシュリンのバランスにある。
食事は見る限りごはんが100g以上出ているし、食後その分の血糖値が上がる前提量を注射しているので、
たとえば食欲がなくてごはんを食べなかった場合、当然血糖値が下がりすぎる。
だってごはん以外のおかずで血糖値がそうあがるものなんてないんだからね。
つまりはそういう計算の元、薬が出ている。補うおかずを病院食には求められない。

薬もインシュリンも需要がなきゃ誰かが困るわけだけれど・・?
以前からモヤモヤしているが、もちろん病院が絶対の人に余計なことは言わない。
ただ個人的にこの病に関しては、初期の段階であれば後戻りできなくなるレベルになる前に、薬のみに頼らず自分の意思で、また自宅の食生活において改善できる病だと私は思っている。

どうも糖尿に関しては、過敏に反応してしまうわ。両家1.2親等に3人もいるのでねっ。
世界レベルでもニュースになったけど、日本でも予備軍を含めかなり増加中よね。
私たちもドックで異常は出ていなかったものの、当時のメタボや年齢を考えるともうすんでのところで
回避したって感じ。ギリギリだったのかも。ひゅー。

この病はね、本当つまらない。自分の食べたいものが食べられなくなる。
人はどうせ一生食べ続けるのだし、食べ物は今のところ逃げてゆかない。
明日死んじゃうかも知れないからとかいうエクスキューズなしで、すぐに自身の食生活を変えるに尽きるわ。
それにこの病、ぴんぴんころりがないような気がするの。
必ずしも見た目肥満の人がなるわけでもなく、1度なったら一生のお付き合いだし、
だからって薬さえあれば、ほぼ今まで通り食べられるって思ってしまうのも良くないかと。
薬に頼ると耐性も衰え、いずれは悪くなって合併症を引き起こすので、本人も家族も辛いわよ。

+++++++++++++++++++++++++++
ま、そんな偉そうな事言いながら、今日はラーメン食べてきたんだけど。
昔、地元でよく通っていたつけ麺のお店。何年ぶりだろう。5年ぶりくらいかな。
当時、お気に入りだった太麺は減らしてもらって、さらにその半分で十分だった。げふー
つけ麺って親の仇みたいに太麺だよね。(笑)うまいけど。
「もったいないのは承知で、無理して食べない。」

帰りは、車窓から夜桜もあちこち見えた。この週末までにはもう散ってくるだろう。
にゃくら祭りできるかなー。確かごんべはまだ桜見たことないかな。
どっかで拾ってこよう。桜の命は短い。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

ビューティフルディ «  | BLOG TOP |  » だから寒いって

プロフィール

もも

Author:もも
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ひびのこと (612)
おうちごはん (80)
ねこ通信 (43)
たびー国内 (23)
たびー海外 (35)

かうんたー

いらっしゃいませ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR