topimage

2017-11

術後1ヶ月健診 - 2012.03.12 Mon

今日はちょっとグロイ話を。

術後1ヶ月たったので、先週は病院へ。
実は、術後1ヶ月でもう生理がきた。微動だにしない私のホルモンシステム。
体の機能ってのは、戻ろう戻ろうと機能するものなのね。

感想;「やっぱ軽いなぁ・・・」
2日目の生理痛は、感激するほど軽減はしていなかったけど。
4.5日目にはすっかり収束してしまったので、下手したら、今まで大体7日くらい
だらだらと出血があったと考えると、「あー。これが普通なのね。」
って思った。キレだよ。キレが違う!
そしてこれは流産してからの事なんだけど、血の色と質が全然違う。
長年稼働し続け、積み重なったオリが、1回リセットされたのだろうなぁ。

てなわけで、「生理きましたー♪」と報告して内診。
エコーにはまだ点々と糸の残りが見えていた。まだ溶け切れてない。
1ヶ月じゃアタリマエか。子宮は半分の大きさまで戻っていた。

で、やたー!お風呂解禁。もう全てふっつーに過ごしてOKと言われてきた。
「たーだーし、避妊してね。」また念押しされた!(笑)
きっと妊娠を考えての手術をしたら、この半年が待ちきれない人もたくさん
いるんだろうな。「今妊娠したら大変な事になるから。」
はいはい。わかってますよ。
「で、次の健診は夏ね。半年健診。」
ええん。3ヶ月後も一応見てよぅ。
一説には、内臓なんて3カ月でつるんつるんになるなんて言ってる先生も
いるのにぃ。私もそんな感覚でいるんだけど、主治医には逆らえず。

次回、半年健診の時に、陽性反応が出てるくらいならいいんじゃね?(にやり)
はやる気持ちを抑えて、大人しく話聞いてるフリして帰ってきました。
それとこのくらいから、みなさん自前おパンツに戻ってしまって、レースのところや
リボンで、今から傷がかぶれ出したりする事があるらしい。
「折角傷がきれいだから、テープで保護した方がいいわよ。」
「あ。だいじょぶです。一生綿100へそ上パンツですから。」と看護師さんと談笑。
かわいそーな私のへそ下プリティー下着たち。
つか、もう日々勝負ないし。てへぺろ。
へそ上の安定感と冷え防止を知ってしまうと、
もはや足を通すのもはばかれるほどの、頼りなくぺらぺらなあの子たち。
たまに気が向いたらお会いしましょうレベル。

そんなわけで、手術もあっけなく終了し、1ヶ月後の私はすっかり元気です。
傷跡は線1本で糸がなーい。と言ってたけど、んなわけなくて、溶ける糸で
縫われていたようだけど、どういう手法か表には糸らしきものは見えていなかった。
内側から縫い合わせて表面をテープでくっつけた感じ?(手芸する人は想像できると思う)
よくわからんけど、線1本の左右にあーちょっとつまんだわね。という
ぽっちが見えるのと、傷の先端に内側から糸出して結んだ?
みたいなぽっちがあるものの、やっぱり線1本なのである。
自分的には大満足。そろそろ近所のSPAや温泉に行こうとオットと話をしているところ。

ちなみに内側も外側も、天候や体調によってはツキッとか、じんじんとなる日が
あるのも確か。ガスがたまったり、表面が冷えたりすると。
でも日常生活に支障は全くない。

ちなみに1ヶ月ぶりの家風呂は最高だった。
日本人に生まれて本当良かったと思う瞬間であった。

関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

今週は «  | BLOG TOP |  » あれから

プロフィール

もも

Author:もも
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ひびのこと (656)
おうちごはん (80)
ねこ通信 (44)
たびー国内 (24)
たびー海外 (47)

かうんたー

いらっしゃいませ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR