topimage

2017-06

明けた - 2016.07.29 Fri


あたちは元気にょ。


元々あまり食に興味がないお嬢だが、このたび、お気に入りのドライ(腎臓ケア)を探すのに苦労したわ。
毎回「全種類そろえました。お嬢様。どれがよろしいですか?」状態。
ようやくこれならよくてよ。というドライとパウチをキープ!

あーもう今週も終わり。どうなってんだ。来月からより忙しいというのに、既に時間が足りなすぎる。
もう時差で体内時計がずれたまま、ドラマ「リベンジ」残り数話まできちゃった。(笑)配信がまだシーズン3までだけど。
スピードラーニングもびっくりの相変わらずのペース。
無数の海外ドラマを「ただ」で英語教材として使うには、うん?今なんつった?っていう単語を
すぐ辞書で引いて、ノートに書いておくことです。以上。
スペルが全く想像つかなくても、カタカナで検索すると耳さえそこそこ正しければヒットします。
昔に比べたらなんと便利な世の中。
初期の頃は英語字幕もかなり使いました。

ちなみに全然違うように聞こえてくる音ってあるでしょ。私の耳も相当おかしいのでね。
なんか昔、私が教えたセンテンスに、妹がドラマで絶対そう言ってない!そう聞こえない!って
言い切ってたのもあったけど忘れた。いずれにしてもニッポン人耳あるあるよね。
母音やアクセントを容易に聞き取るにはもうただ慣れるしかないというか・・・

近いところで言うと中国人は発声も母音数も完全に日本人より有利だと思う今日この頃である。
そう。彼らに限らず企業や大学に入ってきているアジアYou達が優秀過ぎるという話題。
やっぱり学業のバックグラウンドがもう全然違うしね。もう一族総出でその子供の教育問題に
取り組むっていう国だし。
オットの同僚は、「親のために余計なことを考えるヒマさえなかったけれど、今思えば、
(子供らしい・若者らしい)いろんなことをしてこなかったなぁー」と言ったそうだ。
同時に日本の若者が自由過ぎて驚いた。とも。

何よりせめて日本人もこれからは最低3ヶ国語は話せたらいいなと思うわけで。
最近多い理系技術者レベルだと、そのへんの大学出では太刀打ちできないくらいの人がわんさか
入ってきているイメージ。
日本企業が本当にグローバルになれたらの話だけどね、そうなったら一番使えないのは日本人って
ことにも成りかねないよ。
で、それだけの教育を受けてきたということは、一部の富裕層の子息たちであって、
こちらの一方的な偏見を払拭するくらいしっかりしているしなぁ。日本の敬語やぺこぺこ文化に
馴染むのもお手のものだし。感じ悪い人に会ったことがない。
しかも若くして結婚して子供を持ったり、母国の親御さんにもしっかり仕送りして、
親は絶対であり大事にするべし!という色々頭が下がるのよね。

+++++++++++++++++++++++++++++++
やっと梅雨が終わった。大物を洗濯するのに忙しい。
出張が終わり、8月が終わればきっともう年末気分。1年の時間の流れの速さにおののくばかりだ。

<最近のヒット>
私は肌が弱い。顔も体もあえて色々しない戦法に変えて既に何年もたつけれど、
問題は髪の地肌。照りつける太陽の下、髪の分け目があっという間に火傷する。
ま、日焼けはとにかく帽子やスプレーで防ぐにしても、そんな敏感地肌のくせに、
シャンプーがずっと定まっていなかった!
イマイチだなーベタつくなーチクチク痒いなーなんて製品も時にあったけど、
新製品は割と試したがりだし、流行のノンシリコンにしたり、高い=いいもの?って高級シャンプー買ったり。



まさかの無添加だったわね。コレに変えてから地肌のベタつき皆無。分け目の炎症皆無。
1日2日洗わなくても(汚い・・)さらさらしとる。地肌周辺がね。
いやーシャンプーのよくない残存成分だったのかもなぁ。と思っているところ。地肌との相性もね。
香りがないので寂しいけれど、風呂上りにボデークリームやオイルを少々髪につけて
香りはしのいでいる。んーやっぱり無添加って理由があるんだなぁと思った。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

腎臓ケアごはん «  | BLOG TOP |  » nonsense!

プロフィール

もも

Author:もも
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ひびのこと (616)
おうちごはん (80)
ねこ通信 (44)
たびー国内 (23)
たびー海外 (47)

かうんたー

いらっしゃいませ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR