topimage

2017-05

Zooの掟 - 2017.03.27 Mon


さむいにょん・・・


週初めから、先生の巻。
旅行の余韻もままならず、月曜からトレーニング2時間英語と日本語2セットやって、
やっと落ち着いた。ふぅ。
まだ寒いしねー。久しぶりにもこもこ着こんで仕事。忙しいときは外食。
辛いマーボを食べに行った。

オットと、旅行楽しかったーとか、この旅行中の甥っ子姪っ子のどきゅんポイントはー
とお互い話した帰り、いつかサンディエゴ見せてあげたいよねーと検索したら、
2016年でシャチショーは終了したのだとか。そういえば飼育員の事故があったというニュースを
見た記憶はあったのだけどすっかり忘れていた。
保護団体もここぞというタイミングだったのか。
先日、長年親しまれていたUSのサーカス団体がつぶれたとかいう話もあったような。

あのトレーナーの仕事はとってもキラキラ見える。
本当に好きでやっている人はとても誇りある仕事であろう。
もちろんあの仕事がただキラキラ楽しいコトだけではないとわかってはいるし、
また彼ら動物にとっても、どうやって人間世界に連れてこられ、今こんな事ができるようになったのか、
その環境が彼らにとって100%ではないコトも大人になればわかる。
ただね、私がもし心底好きでトレーナーをやっていたら、「いつか予測できないことが起こって、
やられても文句は言えない。」と思うと思う。
だって彼らはそういう生き物だから。シャチは通称キラーホエール(殺人鯨)だし海のギャングである。
どんなに訓練しようとも、ライオンやトラがある日突然、瞬間本能を取り戻して事故が起こってもなんら不思議ではない。

そう。こういうのってさ、水族館に限った話じゃないけどね。
人間っていうのは、自分達の私利私欲のためにさまざまな動物に何を強いていることか。
考えたらなにも楽しめなくなっちゃうけど。
それでも、動物達の純粋な姿に触れたり、よく訓練された彼らに我ら下等動物はいろんなものを
与えてもらっていると思う。元気をもらえていると思う。
イルカがふーっとこっちに泳いできて目を見るときなんぞ、心の普段存在しないような部分が震えるような
感覚になる。
彼らだって人間を信頼したり、この世界で一番愚かな人間をただ観察しているのかも知れない。
・・・って思いたい。

それにしても私の記憶違い。
「サンディエゴはねーシャチとイルカの合同ショーだったなぁー」と得意気に家族に話したけれど、
ないないっ!それはないわっ!そんなわけねー!
ただスケールが違って、どちらのショーも日本のとは比べ物にならないくらい、施設の大きさと
頭数の多さと迫力で素晴らしかったことは確かであります。
あーちょっと残念だな。でも教育的視点でよりシャチの自然な姿を観察できるゾーンが新しく
できたそうな。サンディエゴは遊園地も楽しいのよ。

なんか最近、私のテキトー度がぐんぐん増している。さっきも、
「えっと・・・ここに200円玉があると思う!」「ねーよ!」とかね。30円玉事件もあるけど。
ボケてきたというより、もはや異次元に足を突っ込んでいる気がするわ。

++++++++++++++++++++++++++++++
野良猫だからかわいそうも一概に言えないし、動物園や水族館にいるからかわいそうとも言えない。
全部全部人間の勝手なものさしだ。でも人間の罪深さは考え始めたらキリがない。

先週S1見終わった海外ドラマZOO。
長い歴史で虐げられた動物が、人間に復讐を始めるストーリー。サバイバル&人為的な操作も
におわせサスペンスーな内容なんだけど。
私とっては悲劇感ゼロだね。そうなっても全然不思議じゃないし。
もしこんな事になってライオンやくまが襲ってきたら、もう自分差し出すよね。
人類のために戦わないよね。うん。怖いけれど私でよければって思います。
地球上に存在する全てのイキモノ達から、一番いらねーのは人間でしょ。
って言われちゃうんじゃないかな。

とりとめもなく、そんな事を考えた夜でありました。
さて無事出張が決まりそうです。15年以上ぶりのUS上陸。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

しとしと春 «  | BLOG TOP |  » BOUSOU

プロフィール

もも

Author:もも
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ひびのこと (612)
おうちごはん (80)
ねこ通信 (43)
たびー国内 (23)
たびー海外 (35)

かうんたー

いらっしゃいませ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR