FC2ブログ
topimage

2018-12

上々 - 2018.04.22 Sun


シンクロ寝


こうして見ると、ミズ(右)のほうが大きく見えるけれど、身の詰まりが違う。
トモ(左)が3.9のミズ(右)が3.3!食欲はすんばらしいけれどウェットばかりで維持どまり。
さて、2か月ぶりの定期健診。現状維持あるいはちょい上向き祈りつつ病院へ。
結果、現状維持一部ちょいアゲ問題なしでした。まる!
やっぱりここ1年弱の急激な体重減を目の当たりにして、急に時間が迫ってきた感じで、
常に気が抜けない感じがしていた。今日じっくり先生と話してまだまだ先は長いのだと少し楽観。
もちろん何があるかわからないのは前提だし、早い段階の適切な治療プラス個体の強さもある。
でも私が思うよりずっとにゃんずは強いのだ。

先生のところの長女猫ちゃんが23歳まで頑張って、今次女猫ちゃんが19歳。
あと色々情報を拾うと腎臓=ホエキの意識があったけれど、家は始まる気配が一向になく、
やらなくていいの?と聞いたところ、まだ大丈夫。とのこと。
でも、ちょうど病院兄弟猫ちゃんたちのホエキ時間だったので、やり方を覗き見させてもらった。
オットの会社の人もこれを3年続けたって言ってたなぁ。大丈夫。その時がきたらできるわ。

「のろちゃんは身軽で気ぃつよでジッとしていないから、大変そうだなぁ。」と先生(笑)
確かに・・毎回治療の最中ずっと可愛く激しく怒る。うなぎ犬のように、ぬるりぬるり人の手を抜けて飛ぶ。
そっか。ある程度じっとしていてくれないといけないんだもんね。

++++++++++++++++++++++++++


写真撮っていたらわんこ散歩の方に、「きれいですね。毎日楽しませてもらっています。」
と声をかけてもらった♪

しかし良いいお天気でしたな。かなりUVきつめでダルぅ。
午後少し休んで、夕方からららぽへ。IMAXとっくに終わってた。
でもいいの。やっとヒューを観に行けた♪2度目満足じゃ。
レイトショーまで時間があったので、ごはん食べてから久しぶりにゆっくりブラブラできた。
雑貨を買い込み、本を買い込み、カフェで一服しながら1冊読む。
※ あ!いつの間にかFliying Tigerができていた。IKEAのほうがデザインは好きだけれど、
デンマークの雑貨もかわうぃーね。猫のデザイン爪とぎ(段ボールの)が1000円って安くない?
え?っていうか全部安くない?ってあれこれ買ってもうた。

サイバラ先生の@女の子が生きていくうえでおぼえておいてほしいこと
彼女の人生は映画やドラマにもなったわけだし漫画からも想像できるが今はイエス高須!
うん。面白かった。

THIS IS USでもあった、自分が人生の辛酸をどう乗り越えたかを自分の子や若人に語るとき、
人は本当の意味でその荷物を置けるのかな。漫画でもおなじみ彼女のふたりの子供へ
送るメッセージだね。
まね、特筆することもない平凡に育ってきた私でも、ヒエラルキーってのは早くから体感していた。
人生きれいごとじゃすまねーってことも。
いや、みんな本当はわかってる。女の子は自分の可能性の限界を知るのが早いように思う。
でもこれさえあれば=ずっと幸せというものはなかったことも後に知るが。
いかなる時も早々に諦めて程々に置いたか、自らの足でオプションへ抜けていったかで、
その後の人生の違いは出るね。

まーでもこれからは、男に依存した生き方は危険だ。昔の人はそれしか選択肢がなかっし、
それと引き換えにあきらめたこともあるかもしれない。
これからは男に稼ぎを望むなら、自分で稼いで結婚でプラス1して、2つにした方がラク。
人生は決して金だけじゃないけれど、実際金で解決できる問題は多い。
夫の金と自分の金では、その意味も用途も選択肢も変わってくる。
自分の足で立てる手立てはあったほうがいいと本にもあったが、確かにそうなのだ。
何事にも選択肢は少ないより多いほうがいい。
「結婚」に保証はない。Ever Afterめでたしめでたし・・・じゃないからね。

25歳寿世代は、男の甲斐性頼りと結婚出産で大半が30代の間ほぼ社会から離れていた。
つまり2000年からの過渡期をまるっと知らない。20代の駆け出しOLで知識が止まっている。
その後、リーマン不景気や大手企業のリストラなどで働きに出なきゃいけなくなった人の苦労たるや・・・、
私もいくつも聞いた。そこから第一線に飛び込むのはかなり至難の業である。
人生に「こんなはずじゃなかった」がないに越したことないが、想定外のことは誰にでも起こり得る。

自分の甥姪たちには周りの大人を見て、いいところは盗んで、いやなところは反面教師で逞しく生きて欲しい。
ま、おばばの余計なお世話だが。
世界は日本だけじゃないし、ただでさえこの国は少子化の閉塞化の高齢化。
生物学的廃れるものを救うには、子孫はより世界にばらけて脈々と繋げていくのが正解よ。
強い種はそうして生き残っていく。
この国の閉そく感はもう止められないけれど、選択肢は昔より断然広がったと思うし、
これじゃないとダメ!っていう風に自分を追い詰めたり我慢して生きないで欲しいなと、ただそう願う。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村

関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

PAUSE «  | BLOG TOP |  » 晴れ!

プロフィール

もも

Author:もも
Get one precious life

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ひびのこと (753)
おうちごはん (80)
ねこ通信 (44)
たびー国内 (27)
たびー海外 (47)

かうんたー

いらっしゃいませ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR